自己流供養が多い現代の葬儀

葬儀での自己流供養が多い現代

最近の葬儀は形式にこだわらない、本当に意義のある葬儀をしたいという遺族や友人達が増えており、音楽葬や友人葬など、型破りでありながら、本当に心のある葬儀を行うというものがみられるようになりました。それも、会葬者の関係もあり、葬儀会館で行うため、裏方は全て葬儀会社が行います。どのような始まりで、どう流れていくのか、亡くなった人のご遺体が運ばれてきたその時から、その打ち合わせが始まります。即興的な斬新なものもあり、どの時に何をどのようにするのか、何を準備するのかなどの打ち合わせが、短時間でありながら密に行われることになります。自由葬にも何度も体験もある実績のある葬儀社の場合は、反対にプロジュースしている人達に対して、好ましくないところを指摘したり、流れのアドバイスをしたりすることもできますが、そうでない葬儀社では、遺族側のニーズを言う通りに行い、くだらないものになってしまうこともあり得ます。

希望通りに行ってもらった遺族としてはクレームのつけようがありませんが、上手に自由層が行われるようにフォローやカバーができる実力のある葬儀会社を選びたいものです。そのために、葬儀について普段から考え、葬儀会社選びをする人も多くなってきたようです。特に自分のための葬式を考えて、今からその準備をしている人が増えているようで、家族などは、そんなことを考える事自体が縁起が悪いと思い、足が向かないこともあるからでしょう。亡くなった後に故人の思いとして、自由葬で供養を行ってもらいたいと寝られたプランもあれば、葬儀も成功するでしょう。家族も、葬儀の相談に行かなくても、自由な供養に実績のある葬儀会社を調べて置くぐらいはしても良いとは思います。結婚式という出会いから始まった家族の人生ですから、結婚式以上の満足感のある供養を故人においても遺族においてもできるというのは、本当に後悔の無い人生のゴールになるのかも知れません。

オススメサイト