若い人が葬儀や供養に出席するときの服はどうする?

若い人が葬儀や供養に出席するとき、どんな服装で行けばいいのか迷うことは多いのではないでしょうか。実際、葬儀や供養にふさわしい服装を持っていないという場合もあるでしょう。今は職が多様化しています。服装が自由な職場も多く、きちんとしたスーツすら持たなくても生きていける環境があっても不思議ではないでしょう。しかし葬儀や供養の場に穴空きシャツやビンテージジーンズなどのラフな恰好でいっていいということにはなりません。それではどうしたらいいでしょうか。あまり着ないのに購入するには高いし、そのためだけに収納しておくのも困るような冠婚葬祭用のスーツならスーツレンタルサービスを利用するのがいいかもしれませんよ。これなら必要な時だけ借りられるので、購入する金額に比べても安くつくでしょう。

スーツまではいらないという人は今ある服でコーディネイトするしかありません。やはり色は黒を基調にしなければなりません。黒のジャケットを持っている人はボタンを確認してみてください。ボタンが金ぴかに光っていたらあまり葬儀や供養にふさわしくありません。できれば黒のボタンに替えましょう。これだけでふさわしい服に変身します。白のYシャツなどのネクタイを締めることのできる服があれば、100均で黒の冠婚葬祭用のネクタイを買いましょう。黒ネクタイでしっかりイメージはマッチします。ズボンは黒やグレー、場合によってはブラウンでも代用できるかもしれません。なんとか手持ちの服でアレンジしましょう。