各地で変わる、葬儀や供養の風習

日本各地には、珍しい葬儀や供養の仕方が、風習として伝わっているところが多いです。わたしは東海地方ですが、自分の地域はごく普通と思っていたことが実は特殊だったりして驚きます。たとえば、私の住んでいる地域では、お葬式は普通なのですがお盆が盛大に行われます。初盆のお宅を一軒一軒回るという習慣があり、これは他の地域の人には驚かれます。また、この初盆の習慣がもっと細かく、大掛かりな地域もあります。昔に比べるとこれでもだんだん簡略化されてきたのだそうで、それでも昔ながらの風習はなるべく残して行きたいものです。同じく東海地方では、精進落としで激辛料理を食べる地域もあるそうです。これは、辛いものを食べて涙を流し、故人を弔うのだという説と、辛いものを食べると疲れがとれ、体が活性化するのだという説があるようです。

また、基本的に、友引にはお葬式をしないといいますが、京都などで友引にお葬式をする場合は、友達の人形を棺桶に入れるのだそうです。これは、友引には友達が連れて行かれてしまうという迷信を防ぐために、身代わりに入れる習慣なのだそうです。また福岡などでは、出棺するときに故人のお茶碗を割り、未練をなくさせてあげる、という風習があります。さらに、家に帰って来れなくするために、棺桶を三回まわして方向を分からなくするなどの習慣もあるそうです。どれもこれも、故人が無事に成仏できるようにと、昔の人が考えて始めた習慣なのだなあと思います。

オススメサイト