葬儀と供養についての進行と行為

葬儀は、死者を弔う儀式で葬式とも言い、死者を奉る祀りでもある。お祭りには前夜祭があるように、葬儀にも前夜祭があり、これを通夜と称している。身内の者が亡くなった場合、暫くは気が動転するだろうが、これらの儀式を済ませなければならない。

人が亡くなった場合、諸々の事柄を行わねばならず、通常は通夜から納骨までを指します。役所で死亡届、火葬場の状況、日取りの取決め、それにより葬儀屋、葬儀場を取り決め、それによって通夜、本葬の確定等を行います。他の家族はそれに基ずき、親戚、縁者関係者、知人などへの電話のよる連絡など、そして今後の詳しい通夜、葬儀などの手配、打ち合わせを充分に行う事になります。

通夜、そして次の日のお別れ本葬には概ね親戚、縁者の方など多くmの方々が来場され、出棺、火葬まですすむことになりまる。尚、通夜からは、僧侶などにより読経も行われ、葬儀が終わると出棺の儀が行われ、多くの参列者と最後の別れになるのが一般的でです。尚、火葬場に向かう道と帰り道は同じ道を通らないという風習があるようです。その後は多少時間がかかっても、死者を弔う墓地の選定や納骨を終え、一段落となります。又、死者が墓地に葬られた後にも、供養という形で引き継がれます。供養(くよう)とは、本来は仏、菩薩などに香や花、燈明、飲食などの供物を真心から捧げることで、日本の民間信仰では死者・祖先に対する追善供養のことを特に供養ということが多いようです。又、このことが対称になって仏教と関係なく死者への対応という意味で広く供養と呼ぶこともあります。動物等に対する供養、さらには針供養のように生き物でない道具等に対する供養もあるのです。身内の供養は、自宅に仏壇を設けて、日々に花や香、供物を捧げて行い、又、供養の中でも中陰の法要というのもあり、ご存知の初7日、49日、1年、3年などなど、一般的にには50年の間、亡くなった命日から数えて故人の供養を行います。。

オススメサイト