葬儀と納骨式とその後の供養

人が亡くなられた際にはお通夜があります。そしてその次の日に葬儀を行います。親族以外の知り合いの人たちは主にこの葬儀に参列し、お焼香と亡くなられた方への献花をします。そして無事成仏できるようにと、棺桶を乗せた車を火葬場まで見送ります。親族はそこから送迎バスなどで火葬場まで向かいます。死者に最期のお別れをし、火葬をします。骨になるまでには2時間近くかかるため、その間火葬場に設けられた部屋で待機します。そして火葬が終わると納骨をします。火葬場の方からどこの骨かの説明をうけながら足の骨から順に壺に入れて行きます。最後に頭蓋骨を入れて蓋をします。納骨は持ち帰り四十九日や一周忌などに納骨式を行います。

納骨式は、故人の近親者、ごく親しい友人、知人などごく内輪で行います。仏式では一般的に忌明けの四十九日に納骨することが多いようです。本堂で法要をして、その後お墓に出向き、お経をあげてもらいます。納骨後は参列者全員で故人の供養のために会食をします。場所は自宅や料亭、レストラン、ホテルなどが多いようです。会食の席では、施主が納骨後の挨拶をしますが、内輪の集まりなので、形式を気にすることはありません。最近は、墓地を購入する意思のない人が、多くなってきているようです。お墓を作らずに寺院や霊園などの納骨堂に遺骨をおさめるケースも増えてきています。しかし将来お墓を用意しても遺骨は返してもらえないことが多いので、前もって慎重に検討する必要があります。

オススメサイト